発達障害のサポート体制【医療機関での受診をしよう】

心の悩みの対処法

男性

都市部では心の悩みを抱える人はどんどん増えていて、東京では様々なカウンセリングが受けられる期間が存在します。カウンセラーは具体的な資格が必要無いため、より専門性の高い施術を望む場合は臨床心理士などの言葉に置き換える必要があります。

これからの課題となるもの

まだまだ理解が薄い社会

看護師

発達障害というものが知られてくるようになってきたのは本当にここ最近のことでして、それまでは発達障害となってでも健常者とともに学校に通ったり生活したりしながらも周囲と合わせることができないことで苦しむ人が多く存在していました。周囲からは変わった人と感じられるだけならまだしもほかの人と同じことができないことが多いために何度も教師や親などから怒られ、それでもできないでいるために精神的に病んでしまうこともあります。辛い生活を送っているのは発達障害となっている本人だけでなく、その家族も苦労していることでしょう。しかし、最近では、サポート体制を整えている教育機関も増えています。

抱え込んではいけません

発達障害とはいえども生まれたからには生きていかなければなりません。しかし理解がまだまだ薄い中での社会は生きることに苦労が多く、仕事も続かないという人もたくさん存在しています。子供のころから発達障害だと分かったときの親の心境は幸先の不安を感じているものです。最近では、発達障害について知られてくるようになってきています。支援団体や関連の非営利団体などが活動を行なっているので、もし悩んでいるのであれば積極的に利用するのが良いといわれています。発達障害の子供を育てていても周囲から見られれば「親の教育が成っていない」といわれることも多々あり一人で抱え込んでしまう人もいます。そうなってしまってはただ苦しい日々を送るだけとなりかねませんので、抱え込まずに助け舟を出してくれるところは利用して肩の荷を降ろすことが良いのです。また、発達障害かもしれないと考えた場合には、早めに医療機関で診察や検査を受けましょう。

どこの病院がいいか

メディカル

心と体は繋がっているので、心にストレス疾患などがあると、体にも症状が出始めます。そのため何か体に異変を感じたら、練馬にある心療内科に行って診てもらいましょう。様々な症状に対応してくれます。

問題の中の一つ

女性

不登校は様々な要因で起こってきます。親が自分の子供はこうあるべきだという認識が、子供にありのままの自分を出すという行動を封じ込めてしまい不登校に至るけケースがあります。この場合親のカウンセリングも必要になってきます。大阪でもこのような親子関係の人はおおくいます。